ラオスタイビザ申請ツアー【日帰り】やお子様連れの参加も可能ですので詳しくはお問合せ下さい。

タイ・ リタイヤメント「ロングスティ」 ビザ・年金ビザ

  • HOME »
  • タイ・ リタイヤメント「ロングスティ」 ビザ・年金ビザ

ビザ取得概要 / ▼ビザへの切替え手続き比較表 / ▼日本での年金支給額で取得する / ▼夫婦で取得する場合 / ▼ロングスティ者向け個人口座開設

50歳からのロングスティ ビザ

1年中、寒くもなく、筋肉痛もなく、過ごしやすい気候のタイランド
50歳になってからタイに長期住まれる方や定年後、第2の人生を海外「タイランド」で暮らす人が年々増えております。

治安もよく、物価も比較的安く、日本人と同じ仏教国でもあり、また、食事はご飯で、
バンコクに日本料理店が500ヶ所以上もあり、今はタイ国民も日本食ブームです。
その他日本食などを 多く取り扱うスーパーも数多くあります。

日曜日の夕方など、買い物をする大半が日本人でレジに、行列ができるほど日本食を食べるには不自由のない国です。日本から来られた人のほかに、タイで駐在員として働いている人も定年を迎え、そのままタイで長期滞在する人も急増しています。

バンコク中心のスクムビット・アソークからトンローエリアは、沢山の日本人が住んで
おります。 一日に一人は、日本人と対面するほどです。このエリアには、日本人専用の病院もあり、日本語で対応していただけるので安心です。また、自然の多い郊外に
住む方も増え、チェンマイや海の好きな方はプーケットやパタヤなど。ロングスティの
親睦会等も充実しており楽しく過ごせます。

ご旅行が好きな方には、近隣諸国にも短時間で格安に行くこともできます。ゴルフの
好きな方は、沢山のゴルフ施設があり、日本より格安でプレーを楽しむことができます。 このような人たちがタイで1ヵ月以上、安心して過ごすのに、滞在ビザが必要に
なります。 そこでタイ政府がこのような人を対象に出している滞在ビザが
ノンイミグラント・Oビザ(通称:ロングステイビザ) と呼ばれるものです。

対象は50歳以上で、80万バーツ以上をタイに預金している方、あるいは毎月の
年金額が65,000バーツ以上の方がビザ取得できます。

ご自身でもビザ申請は可能と思われますがタイ語が読めない?
タイ語が話せない?申請手続き方法がわからない?提出書類の記入作成が
できない?提出書類がわからない?

また、イミグレーション申請時に新たにタイ語の書類作成や検査担当官からの質問等があります。
言葉がわからず周りに助け「SOS」を求めても日本語がわかる人はおりません。
「検査担当官で親切な方は少ないと思ってください」
など、タイに初めての方は特に混乱してしまうと思われます。
「イミグレーションは、すべてタイ語の案内です。!」

でも当社にご依頼いただければ、一緒に同行して無駄な時間や手間もなく、簡単に
低料金「3,900バーツ(国手数料別途)」でビザ申請が可能です。
詳しくは下記をご確認ください

ビザ取得概要 / ▼ビザへの切替え手続き比較表 / ▼日本での年金支給額で取得する / ▼夫婦で取得する場合 / ▼ロングスティ者向け個人口座開設

タイに来て初めてロングスティ ビザを取得する場合

  • 50歳以上であること。
  • タイの銀行に自分「申請者」名義で預金 80万バーツ以上が3カ月以上ある
  • 日本からの80万バーツを送った英文の送金証明がある。
    またはタイ外貨持込証明と両替証明がある。「必ず必要です」
  • 残高を示す銀行発行ステートメント。「ビザ申請日、当日が必要となります。」
  • ビザなし30日の入国 滞在期間残 21日以上がある。
  • 新規に取得する場合は、最初に3ヶ月間の取得、その後延長申請で1年が
    取得できます。
  • 新規取得の際、2回イミグレーションに行きます。2回目同行希望の場合は、別途料金となります。「2,900バーツ

bn2

日本で手続きするか、タイで手続きするか、それが問題。
ビザへの切替え手続き比較表。

タイ入国前で取得する方法(タイ国外申請)とタイ入国後の国内で
切替える方法があります。
どちらで取得する事がメリット【お得】があるかをお伝えいたします。

費用が安い!簡単申請!タイでのロングステイビザへの切替えがおすすめ!!
申請場所 タイ 日本
カテゴリ O O-A
資力証明 80万バーツの預金残高または月収65,000バーツ以上の年金受給証明。
預金残高証明はタイ国内の銀行であれば100バーツ程度で取得可。
《ビザ申請日に受理》
換算して80万バーツ以上の残高証明または月収65,000バーツ以上の年金受給証明。
公証人役場にて英文で認証(費用1万円超)
ビザのキャンセル タイ国内で可能 不可(就労する場合は日本に戻ってキャンセルする必要あり)
その他
必要書類
海外からの外貨送金証明(タイに外貨を持ち込んだ証明)が必要
(送金票や空港での申告書)
※上記が受理できない場合は、「弊社ラオス・タイビザ申請ツアー」にお申込み頂ければ、90日ビザ取得可能です。
無犯罪証明書原本(英文)を
各都道府県警察本部にて取得、その後、日本国外務省にて要認証(費用1万超)。
更に、国公立病院発行英文健康診断書が必要
(費用1万超、検査基準が厳しい)
国ビザ手数料 2,000バーツ 90日新規取得
(約6,000円)
22,000円 1年取得
その他特記 滞在日数残が21日以上残っていること。
ノービザ入国の場合は9日以内。
※上記が満たしていない場合は、「弊社ラオス・タイビザ申請ツアー」にお申込み頂ければ、90日ビザ取得可能です。
90日後に1年延長で1900バーツのビザ手数料が必要です。
東京、名古屋、大阪在住以外の人がタイ大使館で手続きするのに交通費や時間とお金がかかります。
マルチエントリーのため入国期限以内の再入国時から1年間のビザ期限となる。

タイ国外、日本のタイ大使館で取得の場合は1年マルチプルエントリーの
NONO-Aビザの発給となります。
O-Aビザの場合の書類準備はタイ国内での申請に比べて複雑で、
取得困難の場合もあります。

料金表 ※バンコクにお住まいの方対象

当社手数料 国ビザ手数料
リタイヤメントビザの切り替え
新規3ヶ月ビザ
(2週間の審査期間終了後、ビザ発給)
3,900バーツ
「2回目の同行は2,900バーツ
2,000バーツ
リタイヤメントビザの延長
1年ビザ(ビザは当日発給)
2,900バーツ 1,900バーツ
リエントリーパーミット
国外出国時は必ず必要です
800バーツ
800バーツ
マルチ 3,800バーツ
シングル 1,000バーツ

〇用意するもの(ロングスティビザ)

  • パスポート  原本「出国カード付き」
    (有効期限が1年3ヶ月以上あること。「更新は1年以上」、
    余白ページ3枚以上)
    ※出国カードを紛失した場合は、最寄りの警察に行き、
    紛失届を受理して下さい。
  • パスポートコピー「顔写真、最終滞在スタンプページ、出国カード」
  • 写真4×6cm 3枚
    (申請日より6ヶ月以内のもの、丸首襟なしシャツ、サングラス、マスク、
    帽子着用不可)
  • タイで80万バーツ以上の残高証明書・ステートメント「申請日の発行月日」
  • 預金通帳、申請日から3ヶ月前までの通帳コピー
    「80万バーツ以上が預金されていること」
  • タイ国内の自宅地図と賃貸契約書
  • 日本から海外証明「日本側の銀行で受理してください」又は
    外貨持込証明と両替証明

※外貨持込証明はスワンナプーム空港の関税窓口で受理してください。
(荷物受取付近です)

パスポート「旅券」管理 海外で生活する場合、緊急時にすぐに
持ち出せるように自身で旅券を管理してください。

  • 旅券の有効期限が6ヶ月以上ある事。
  • タイ国の滞在許可・再入国許可を常に有効なものしておきましょう。

「ビザ取得者は、リエントリーパーミット・マルチを取得することを
お勧め致します。

段取り(お申し込み方法)

  • 最初に弊社ホームページからお申し込み または、弊社にご来店ください。
    ご来店の際は、弊社同行手数料、パスポート、出国カード、預金通帳または
    年金手帳、日本とタイのご住所のローマ字で記載したもの、
    証明写真を持参してください。
    (日中は不在が多いので、事前にご来店日時をお知らせください。)
  • 最初、入管に一緒に行き手続きを行います。その後2回目(2週間後)に入管に
    出向き、指摘がなければ3ヶ月のビザスタンプが押されます。
    その後、3ヶ月前にまた一緒に入管へ行き、1年のビザを取得。「新規の場合」
  • 申請手続きの際、出国カードが必要です。必ず忘れないようにお願い致します。
    紛失した場合は、タイ警察署で紛失届を受理して下さい。
  • 待ち合わせ場所は、チェーンワタナイミグレーション(入国管理局)となります。
    (イミグレーションまでの往復交通費は、自らの負担となります。)

タイのイミグレーション(入国管理局)はドンムアン空港の近く、チェーンワタナ通りの
ソイ7です。

btvisa

場所は

「パイ スン・ラーチャカーン アーカーン B タノン・チェーンワッタナ ソーイ ヂェット(7)

(ไป ศูนย์ราชการเฉลิมพระเกียรติฯ อาคาร B อยู่ที่ ถนน แจ้งวัฒนะ.ซอย7)」

とタクシードライバーに伝えてください。
(タクシーに乗る前に「パイ トーモー チェーンワタナ マイ?」)

MRTチャトゥチャック駅またはBTSモーチット駅からタクシーで
ウィパワディー・ランシット通りをドンムアン空港方面へ約20分、
途中レッドライン(鉄道)工事中を見ながら左折、
チェーンワタナ通り「道幅の広い」道へ入ります。

TOTやラクシー郵便局、CATテレコムを左手に見ながら進むと裁判所の
手前「ソイ7入口」を左折する。
まっすぐ進み突き当りの右側の大きな施設B棟2階
(地上階ですが、建物の構造上2階)にイミグレーションがあります。

  • 手前に同じデザイン施設A棟がありますが、ここは違います。
    (大渋滞が発生するエリアです。「駅から約1時間、タクシー約150B
    (時間のゆとりを持ってお出かけください。)」
  • イミグレーション内は、危険物の持ち込み禁止、露出の激しい洋服、短パン、
    ランニングシャツ、サンダル等の着用は入館を断れる場合があります。要注意
  • ロングスティ
    (80万バーツの預金不足の場合「80万バーツ預金有も対応可能です。」)
    「タイ滞在期間残21以上の場合(新規の場合)」

新規 代行料金は直接弊社に電話連絡してください。
・・・・(1年3ヶ月取得・ビザ代・2,000B+1,900B別途)
更新 19,000バーツ・・・・(1年取得・ビザ代1,900B別途)

〇用意するもの

・パスポート・ 写真4×6cm 3枚
・預金通帳「バンコク銀行指定・ATMカード」

  • パスポートの有効期限が1年3ヶ月以上あること。「更新は1年以上」
  • パスポートの余白ページが3枚以上あること。
  • 残タイ滞在期間が21日以上あること。「新規」
  • 残高証明書作成の立会「新規、更新取得」、イミグレーションの写真撮影の出頭「新規取得」がございます。
  • 国外に出国予定の方は、リエントリー取得を同時にお願い致します。
    「後からの取得は、困難の場合があります。」
  • 急遽、予告なく承る事が出来なくなる場合もございます。予めご理解、
    ご了承ください。
  • チェーンワタナ入国管理局で正規ビザ申請を行う場合は、
    入国管理局到着から申請までに約4時間前後所要いたします。
    また、バンコク市内の自宅からビザ取得、帰宅までに
    1日「約8時間かかります。」

    お体の体調がすぐれない方は、上記プランをお勧め致します。
    「長時間の申請待ち時間はございません」

    詳しくは、お気軽に弊社までお問い合わせください。

ビザ取得概要 / ▼ビザへの切替え手続き比較表 / ▼日本での年金支給額で取得する / ▼夫婦で取得する場合 / ▼ロングスティ者向け個人口座開設

日本での年金支給額で取得する

・日本の年金手帳があり、1ヵ月に換算して65,000バーツ以上の支給額の人

料金表

当社手数料 国ビザ手数料
リタイヤメントビザの切り替え
新規3ヶ月ビザ
(2週間の審査期間終了後、ビザ発給)
3,900バーツ
「2回目の同行は2,900バーツ
2,000バーツ
リタイヤメントビザの延長
1年ビザ(ビザは当日発給)
2,900バーツ 1,900バーツ
リエントリーパーミット
国外出国時は必ず必要です
800バーツ
800バーツ
マルチ 3,800バーツ
シングル 1,000バーツ

〇用意するもの(年金ビザ)

  • パスポート  原本「出国カード付き」 (有効期限が1年3ヶ月以上あること。
    「更新は1年以上」、余白ページ3枚以上)
    ※出国カードを紛失した場合は、最寄りの警察に行き、紛失届を受理して
    下さい。
  • パスポートコピー「顔写真、最終滞在スタンプページ、出国カード」
  • 写真4×6cm 3枚
    (申請日より6ヶ月以内のもの、丸首襟なしシャツ、サングラス、マスク、
    帽子着用不可)
  • 年金手帳
  • 手帳の英文翻訳証明
    〔タイの日本大使館、その後タイ外務省でタイ語翻訳を取得する〕
  • 賃貸契約書
  • タイ国内の自宅地図
  • 年金支給額と預金を合算する場合は、海外送金証明または
    外貨持込証明と両替証明が必要です。「新規」

段取り(お申し込み方法)

  • 最初に弊社ホームページからお申し込み または、弊社にご来店ください。
    ご来店の際は、弊社同行手数料、パスポート、出国カード、預金通帳または
    年金手帳、 日本のご住所とタイのご住所のローマ字で記載したもの、
    証明写真を持参してください。
    (日中は不在が多いので、事前にご来店日時をお知らせください。)
  • タイにある日本大使館で年金翻訳証明を受理し、タイ外務省で
    タイ語翻訳を受理してから本人と弊社スタッフと一緒に入管に出向き
    手続きを行います。
    その後2回目(2週間後)に 入管に出向き、指摘がなければ3ヶ月の
    ビザスタンプが押されます。 その後、3ヶ月前にまた一緒に入管へ行き、
    1年のビザを取得。「新規の場合」
  • 在タイ日本大使館、タイ外務省の公的書類取得代行業も
    承っております。詳しくは弊社まで
  • チェーンワタナイミグレーション「バンコク管轄」で待ち合わせ、
    一緒に同行申請を行います。
    「弊社スタッフがサポート致します。」 「提出書類の作成や提出方法、
    タイ語がわからないので申請が困難など。弊社と一緒に同行するプランが
    お勧めです。
    難しいことは、プロにお任せ下さい。」
  • 待ち合わせ場所は、チェーンワッタナ・イミグレーション入口前で待ち合わせとなります。(イミグレーションまでの往復交通費は、自らの負担となります。)
    「用意するものを必ずご持参してください。」
    弊社オフィスからタクシーで同行の場合は、別途往復の
    車代1,000Bの料金が加算されます。
  • お早目に申請日をお知らせ下さい。「弊社に事前連絡をお願い致します。」

在タイ日本国大使館

  • ビザ取得に必要な在タイ日本国大使館の公的書類が仕事等の都合、または
    遠方等で平日15時までに申請・受理に行くことが困難な方。
    弊社がお客様に代わり在タイ日本国大使館へ「年金証明書・運転免許証抜粋
    証明・英文翻訳、在留証明書」の申請・受理の代行業務を行っております。
    詳しくは、弊社ホームページをご確認ください。
  • お客様自らの申請の場合でも、当日受理が困難な場合があり、
    翌日受け取りで2回大使館へ行くこともあります。

詳しくは、在タイ日本国大使館へお問い合わせください。
在タイ日本国大使館
http://www.th.emb-japan.go.jp/index.htm
℡ 02 – 207 – 8500
当ホームページ掲載の内容は、予告なく料金、内容等を変更する場合があります。
予めご理解ご了承して
下さい。 2016年09月01日現在

ビザ取得概要 / ▼ビザへの切替え手続き比較表 / ▼日本での年金支給額で取得する / ▼夫婦で取得する場合 / ▼ロングスティ者向け個人口座開設

夫婦で取得する場合

1年目は、夫婦それぞれの口座に80万バーツの用意が必要ですが、 2年目からは、夫婦どちらかの口座に80万バーツを3ヶ月間預金で手続きが可能です。

ロングスティ者向け個人口座開設

弊社では、1,500バーツで銀行口座開設の同行を行なっております。
こちらは確実に開けます。(銀行手数料は別途)

「バンコク銀行開設にご用意していただくもの」

  • パスポート「出国カード付」
  • タイの賃貸契約書またはホテルカード「名刺」または在留証明書
  • 国際運転免許証または日本運転免許証または戸籍謄本(戸籍抄本)
  • 3.の在タイ日本大使館の翻訳証明、抜粋証明「必ず1枚必要です」
  • バンコク銀行開設手数料、預金「バーツ」

以上をご準備、ご持参してください。

正規ビザに申請される方へ

初めて、タイに来られてから直ぐに50歳からの 「ロングスティビザ」 を正規に申請する
場合は、下記の条件が一つでも満たしていない場合は、タイ国内のイミグレーションで新規申請はできません。
80万バーツの預金有りの場合は、タイ国外「ラオス、タイ大使館」の申請は可能
です。

必ず

  • 滞在残日数が残21日以上必要です。「新規」
  • 「送金証明(英文)または、海外外貨持込」が必要です。「新規」
  • 新規または更新の際に
    80万バーツがタイ銀行口座に3ヶ月以上の預金が必要です。
    「ステートメントの月日違いの合算「2枚以上」合計は不可」
    上記の条件を満たしていない場合「特に3が困難」は、
    タイ国内イミグレーションで正規に申請することはできません。

上記を満たしていない方は、弊社ラオス・タイVISA申請ツアーで
「ノン・イミグラントOビザ90日」を取得することが可能です。
「80万バーツの預金不足は除く」
その後、タイ入国日から2ヶ月後にタイ国内イミグレーションで1年申請が可能です。

例.ラオス・タイ大使館で新規ビザ取得を行った場合。

12/DEC(12)/2015 タイ入国日から90日(約3ヶ月)後が
10/MAR(03)/2016 までの滞在期間の場合。入国日から約2ヶ月後の
15/FEB(02)/2016 にタイ国内イミグレーションで1年申請を行った場合は
10/MAR(03)/2017 までの滞在が取得できます。
90日「ラオス・タイ大使館申請」+1年「タイ国内イミグレーション申請」取得

また、80万バーツの預金不足の方は、観光ビザ申請をお勧め致します。

リタイヤメントビザ・年金ビザ「80万バーツの預金あり・但し新規条件不可の場合」

※ラオス「タイ・ビザ申請」陸路および空路ツアーに参加しての取得となります。

  • ロングスティビザ「Oビザ」 VISA料金表
    「バンコク以外の郊外からでも申し込み可能」
当社≪ラオス・タイビザ申請ツアー≫ 国ビザ手数料
ノンイミグラントOビザ新規 
90日取得 「タイ国内イミグレーションで取得不可」
新規90日ビザ
往復・陸路1泊3日「ラオス・タイビザ申請」ツアー
3,290バーツ~
往復・空路1泊2日「ラオス・タイビザ申請」ツアー
4,990バーツ~
2,000バーツ
ロングスティビザ延長・更新  当社同行手数料 2,900バーツ
※タイ国内イミグレーション 「バンコクにお住まいの方対象」
1,900バーツ

〇用意するもの

  • パスポート  原本「出国カード付き」
    (有効期限が6ヶ月以上あること。「更新は1年以上」、余白ページ3枚以上)
  • パスポートコピー「顔写真、最終滞在スタンプページ、出国カード」
  • 写真3,5×4,5cm 2枚 ビザ申請者
    (申請日から6ヶ月以内のもの、丸首襟なしシャツ、サングラス、マスク、
    帽子着用不可)
  • タイで80万バーツの銀行残高証明・ステートメント
    「申請日の前日発行月日」
  • 預金通帳 通帳コピー「80万バーツ以上が預金されていること」
  • 賃貸契約書
  • その他は、ラオス・タイ大使館のホームページを参照してくたでさい。

※国内新規の条件として

  • 80万バーツ以上の預金がタイ国の銀行に3か月以上あること。
  • 日本からの送金証明または外貨持ち込み証明があること。
  • タイ滞在日数残が21日以上あること。

上記の一つでも条件を満たしていない場合はタイ国内取得はできません。
タイ国外申請となります。

家族・結婚ビザ「タイ人と結婚された方」・ED・Bビザ・労働許可証「新規・更新」・
会社設立も承っております。

contact

  • 当ホームページ掲載の内容は、予告なく料金、内容等を変更する場合があります。予めご理解ご了承して下さい。

タイ祝日カレンダー

ラオス祝日カレンダー



PAGETOP

海外に入国したら、命の次に大切なものはパスポート。
大切なパスポート・ビザ申請を行う際は、タイ法人日系のオフィスを常駐している安心適確の「びざ@ばんこく」にお任せ下さい。
タイ・バンコクでNo1の「お・も・て・な・し」ホスピタリティを提供致します。

Copyright © びざばんこく.com All Rights Reserved.